Bloothトランスミッタでテレビとヘッドフォンを繋いでみた!

2019年5月29日

最近家ではほぼBlueToothヘッドフォンを付けて生活しているのですが、テレビでゲームをしたりDVDを見るときだけヘッドフォンを外さないといけないのが面倒だしストレスになっていました。

そこでBlueTooth非対応のガジェットをBlueTooth対応させてしまおう!と言うのがこのBlueToothトランスミッタとなります。

今回はどんなガジェットもBlueTooth対応にできる、そんな便利ガジェットを実際に買って使ってみたので紹介します!

買ったもの

AmazonでBlueToothトランスミッタで一番の売れ筋になっているAgedate Bluetooth トランスミッター レシーバー(イヤホンケーブル、充電ケーブル付き)を購入しました。

このガジェット、何とBlueToothの送信機だけでなく受信機としても利用できます。

つまりBlueTooth 非対応の昔のiPodも、BlueToothヘッドフォンと繋げるなんてこともできちゃいます!

しかもプライム会員なら5000円→2500円になってるので、これはお得や!と即購入に至りました。

感想

実際に使ってみた

さて、さっそく使っていきましょう。説明書がものすごく小さいので読みづらい…これは苦労するか!?

と思いましたが、テレビとトランスミッタを繋いで、受信モードにしてヘッドフォン側でペアリングしたら…

あーら不思議。もう使えるようになりました。

受信モードと送信モードの切り替えさえわかれば、後は電源を入れるだけだったので結局説明書は全く読まずにできました!

ここまで楽だと誰でもできるのでありがたいですね。

初期設定が楽なだけでなく、次からはペアリングの必要もなく自動で繋がります

使いたいと思ったときにストレスなくすぐ使えるのは、控えめに言って最高です。

大きさがめちゃくちゃ小さい

100円玉と比較してみると分かる通り、サイズがめっちゃ小さいです。ポケセンで2000円のライチュウ人形が特大に見えてしまいます。

Amzonの写真を見ると手のひらサイズくらいはあるように見えたので、最初届いたときの驚きは大きかったですw

テレビと繋げると常にぶら下がった状態になってしまうのですが、この大きさならコードに負担がかかる心配もいらないので安心ですね。

充電は8 ~10時間もつ

Bluetoothを送受信するガジェットなので、もちろん充電が必要になります。

Amazonの商品説明にもある通り、マックスまで充電すると8 ~ 10時間はもつらしいです。他のトランスミッタと比べてもバッテリーの持ちはいいみたいですね。

自分は常に充電しながらトランスミッタを使うつもりなので、どうでもいい点ですが…。

まとめ

さて、トランスミッタを今回購入してみたわけですが、正直もっと早く買えばよかったですw

レビューには使ったら焦げ臭かった、接続がプツプツすると言うようなものもありましたが自分のものはそんなことはありませんでした。もしかしたら当たり外れがあるのかもしれません

もしこれが本当だったら、外れの場合は新品と交換してもらうしかないですね、幸い交換はしてもらえるらしいです。

あと付属のイヤホンケーブルは品質があまりよくないらしいです。自分は今のところ不満は感じていませんが、これは別で購入した方が確実かもしれませんね…。

とはいえ個人的には、今のところ不満はありません。プライム会員なので半額で買えてるものですし、当初の目的は問題なく果たせたのでよかったです。これでまた家のBluetooth化が大きく進みました。

ぜひBlueToothのイヤホンやヘッドフォンを非対応の機器と繋げたい方、家のガジェットのBluetooth化を進めたい方にはおすすめしたい一品です!

Agedate Bluetooth トランスミッター レシーバー Bluetooth送信機 受信機 一台二役 ワイヤレス オーディオ 3.5mmオーディオ(ブラック)