太鼓の達人Nintendo Switchばーじょんって実際どうなん?ガチ勢による徹底レビュー!

2020年2月28日

2018年11月に発売された太鼓の達人Nintendo Switchばーじょん。DLCによる配信曲は今も増え続けていて、最近はなんとオンラインランクマッチが実装されました!

ランクマがない点でPS4版よりも劣ってるとされてきたswitch版、ようやくかって感じですね。

筆者もswitch版は購入を見送っていましたが、これを機に購入しました!

何を隠そう、私はコントローラーで成仏フルコンくらいはできる実力があります。

ま〜ACやってるわけでも日頃からトレーニングしてるってほどでもないので、準ガチ勢と名乗っておきましょうw

そんな私から見たswitchバージョン、赤裸々にお話しします。

概要

太鼓の達人では演奏モード以外にストーリーモードやチャレンジモードのあるものが多いですが、今作にはありませんでした。

今作には以下のモードがあります

  • 演奏モード(メイン)
  • バトルモード(2人用)
  • パーティーモード(多人数用)
  • オンラインランクマッチ(最近追加されたやつ)

基本的に一人で遊ぶなら演奏モードですね。

もちろですが、隠し曲はあります。今作は下記ですね。

  • ドキドキ胸きゅん お祭りタイム
  • 和蘭撫子
  • Racing the Stome
  • 鳳凰天舞無限崩れ
  • 女帝~インバラトゥーラ
  • The Carnivorous carnival
  • アサルト BGM1
  • アントニオ
  • 双竜ノ乱
  • クラポルポルスカ

どれも演奏モードでひたすら遊んでれば解禁される仕様で、最後のクラポルポルスカは100回遊ぶと解禁されます。

レビュー

隠し曲解禁が楽過ぎる

昔は演奏以外のよく分からんモードをやらないと解禁できない曲が多くて発狂モノでしたが、今作はマジで楽ですね。

適当にクリア埋め、スコア詰めしてるだけですぐ解禁できました。

ガチ勢にとって演奏モード以外は無駄なので、これは嬉しすぎる要素ですね。

収録曲は…

収録曲は、一言で言うと、ファミリーで遊ぶちびっこ向けですね。

簡単な曲しか無いってだけでなく、J-POPやアニメが充実してるとこからも分かります。

明らかに最近の流行りを取り入れてる感じなので、ガチ勢は蚊帳の外。

そもそもDLC入れないと、☆10が4曲しかないですからねぇ…

DLC入れたとしても、ようやく遊べるようになったかな〜程度で、ガチ勢から見て充実してるとは言い難い状況…

ランクマ実装ありがとう! (だが注意点あり)

太鼓の達人公式様、switchばーじょんでのランクマ実装ありがとうございます!

さて、喜びを噛み締めて遊びたいわけですが、注意点が2つあります。

switchオンラインに加入しないと遊べない

太鼓の達人に限らないんですけど、switchオンラインで月額500円払わないと、switchではオンライン要素が遊べません…

ガチ勢には安いモノだけど、ちびっこたちにはちょっと厳しいかな…

曲は8曲が週替わり

オンライン対戦では全曲からランダムで選曲されるわけではなくて、固定された8曲の中から選ばれます。

この8曲は週次で変わります。

で、実際どうなの?

で、ランクマの感想なんですけど、PS4とはテイストが違いました。もっと言うと、勝つのに必要なスキルが違います。

下記を見ればなんとなく分かるでしょうか。

勝つのに求められるスキル

  • PS4=難しい曲を捌けるスキル
  • switch=とにかく可や不可を減らすスキル

真打モードでスコアを競うのは一緒なんですけど、収録曲の影響ですね。

PS4では難しい曲が多いので、上位でもちょっとミスった程度で全てが終わる試合にはなりにくいんですけど、switchでは前述の通り、簡単な曲が多いです。

そのため割と早い段階から、精度が求められます。

switch版でランクはC〜Sまであるんですけど、B+あたりからは完全精度ゲーですね。

ランクマをやるだけあって、switchでも上手い人は多かったです…

でたらめが楽しい

太鼓ガチ勢は、基本的にクリアは目標にしないですよね。

なんで、大体スコアを詰めてくことになるんですけど、たまにはクリアできるかどうか瀬戸際の戦いを味わってみたいですよねぇ?w

今作にはオプション「でたらめ」があるので、それが可能です。

DLCも含めると、意外とでたらめで難しくなる曲は多いです。個人的には下記のでたらめがオススメ。

  • 冷凍庫CJ ~”アーメン”太鼓ブラザーズ~
  • 承認欲Q
  • 初音ミクの消失劇場版(裏)

双竜の乱でたらめ…?お、おう…

記録の仕様に注意!

今作では記録の残り方が従来と違います。

まず、演奏の曲選択モードで確認できるスコアはゲームを閉じるごとにリセットされます。なので、良いスコアを取っても次に開くと0になってます。

初見ではここで「え?スコア残らないの?マジないわ〜」と思いましたが、スコアは残ります。

じゃあどこで見れるのかって言うと、記録を確認するモードで見れます。

ただし後から見れるのは、単純なスコアだけです。良や可の数、連打数は見れません。

これだけだと従来の劣化版なんですけど、プレイヤーごとにスコアが別れて記録されるのが面白い点なんですよね。

兄弟で同じswitchを遊ぶ人はお互いのスコアを見て競い合うことができるし、一人でもサブ垢で縛りプレイしたりとか、色々楽しめそうです。

あとは演奏モードで遊んだ回数も記録されます。自分がどれだけ廃人か再確認できるので、これもグッドな要素ですね。

DLCも含めると1万以上します

価格の話ですけど、まずswitch版太鼓の達人のソフト自体がお高めです。

私はニンテンドーeショップで買いましたが、6710円(税込)でした。

DLCは全て買わずに、☆8以上が揃うように買いました。ただし、それでも4000円以上しました。

合計すると1万円は吹っ飛びましたね…

ま〜、PS4を太鼓の達人のためだけに買うとすると、5万くらいは軽く吹っ飛ぶので、そう考えたらまだマシなのかも…

まとめ ・よくも悪くも、ファミリーやエンジョイ勢向け
・ただし、精度をあげたい人には良い練習になる
・本気で練習する目的なら、できればPS4の方が良い

ランクマが実装されたとはいえ、ガチでやるならやっぱりPS4ですよね…

ゲーム

Posted by trs0125