日本人が海外移住しない理由3選!

2019年10月12日

物価も高い、東京に一極集中、働き方も最悪レベルと、もはや擁護のしようがない日本。最近は海外に移住した方が幸せになれるとも叫ばれています。

実際に海外移住してる人も多いですが、何だかんだ海外移住が原因で人口が減少してくことはないでしょう。

その理由を以下にまとめました。

言語の壁

やはり日本でずっと暮らしてきた人にとって、言語の壁は大きいものです。

世界の共通言語は英語ですが、日本語とは色々勝手が違うため、学校で学んだとはいえ日常生活で使うにはキツイ方が多いと思います。

じゃあ勉強すればいいって話ですが、日本人は業務外で勉強する時間が少なすぎることで有名です。

その平均時間はわずか5分!w

そんな勉強量じゃあ、いつまで経っても海外移住はできませんよ…

海外の治安に不安がある

日本は昔から安全な国として知られているため、海外の治安に不安を持ってる方も多いと思います。

実際には治安の良い国も多いんですが、そんなの知りようがないですよね。だって、日本人は学ばないんですから…

むしろ昨今を見てると、日本の治安の方がヤバイのでは?って感じもします。

東京では毎日のように電車トラブルが起きてるし、郊外でも車トラブルが多いです。

SNSの普及によって、悪を悪と思わない人間も増えてきています。

何だかんだ生きていける

治安も悪化しつつあり、経済的な面でも終わりが見えてる日本ですが、何だかんだまだ生きていけます。

義務教育も受けられるし、レールの上を進んでれば平均的な生活は保障されるようになっています。

ここまで勉強しなくても生きていける国なんてそうそうないですからね。そりゃ勉強嫌いな日本人、みんな出て行きたがらないでしょうね。

まとめ

以上、日本人が海外移住をしない理由でした。

これを読んだ方の大半は納得するのではないでしょうか。

日本人はアメリカンドリームみたいなのを追うより、安定した生活を求める人のほうが多いですからね。

何だかんだ日本人は国に守られているので、進んで移住する人はそこまで増えないでしょうね。

ただこれからの日本はマジで地獄になりそうな予感しかしません。今30代以下でずっと日本で暮らしていこうと思ってる人は、人生の最後まで安定していられるとは思わない方がいいかもしれません。

そのために勉強しましょうよ、勉強。難しく感じるかもしれませんが、己の気の向くまま知的好奇心を満たせばいいだけです。

何を勉強すればいいかわからない人は、英語かプログラミングを勉強しましょう。

プログラミングについては当ブログでも以下の関連記事にいろいろまとめていますので、ぜひご覧下さい。