AWSは何がすごいの?分かりやすく説明する

2019年10月14日

どうも!AWS信者ことtrsです。

今や世界規模で有名なAWSですが、何がすごいのか分からずに使ってる人、多いと思います。

簡単にまとめると、AWSがすごいのは2点だけです。今回は超わかりやすくこれを説明します。

世界規模のクラウド環境

AWSのデータセンターは世界中にあるので、色んな国で遅延なく使えます。

例えば日本にあるデータセンターに海外からアクセスすると、通信にものすごく時間がかかります。距離的に遠いので当然ですね。

つまり世界規模のWebサービスを作りたければ、色んな国にあるデータセンターを借りなければいけないんです。面倒、実に面倒!

だけど、AWSではそんな必要ないんです。

世界中にあるどのデータセンターを使うのかは、ユーザーが選ぶことができます。

そしてAWSでは、今流行りのクラウド技術を取り入れています。

オンプレと比べてクラウドには多くのメリットがありますが、説明が長くなるのでここでは省略します。

用途別に細かく分けられたサービス

AWSでは1機能1サービスのレベルで、非常に細かく分けられています。

例えば標準的なWebサービスの構築では、以下のスタイルが基本となっています。

この中で使ってるサービスをまとめると…

  • VPC
  • EC2
  • RDS
  • S3
  • Route53

これがAWSを有名にたらしめてる & 難しいイメージを与える所以になってます。

「こんな細切れになってちゃあ、分かりづらいやろがい!」と思う方が多いと思うので、これについて説明します。

例えば、PCのローカル環境でWebサービスを立ち上げようと思ったら、特に準備せずにコマンド打ち込むだけです。

なぜかって?それはPC内にVPC、EC2、RDSなどの働きをするようなものが入ってるからです。

だけどそれって、PC壊れたら終わりじゃないですか?

AWSのような細切れになってるサービスでは、一つが壊れても全部を取り替える必要がないんです。

つまり最初のセットアップは面倒でも、その後に安定したサービスを提供できるんです。

これって、企業からしたら最高のメリットですよね?




まとめ

以上、AWSがすごいと言われる所以でした。少しはわかって頂けたでしょうか?

何も知識がない人には分かりづらいかもしれませんが、Webサービスを作ったり、WordPressでブログを運営した経験のある方なら、イメージしやすいかと思います。

その反面、個人で使うには少々割高なAWSですが、これからの時代、勉強しておいて損はない分野です。

私も絶賛勉強中ですが、興味のある人はぜひ一緒に勉強しましょう!

この記事を読んで、一人でも同志が増えんことを…