Wikipedia広告つけろ

2019年10月14日

Wikipediaよ、いつからお前はこんなにがめつくなってしまったんだ…

最近WIkipediaを開くと、上の画面を見る方が多いと思います。

要約すると…

WIkipedia
Wikipedia

ワイらは広告をつけるようなセコイ商売はしない。なぜなら慈善事業だからや!でも続けるにはお金が必要だよね。てことでお金ちょーだい🎵

いや、お前、それ広告と変わらねーじゃねーか!てか金クレしてる時点で普通の広告よりひでーよ!

といいたいところですね。Twitterでも同様の意見が目立っています。

Youtubeで考えてみよう

例として、Youtubeで考えてみてください。もしYoutubeの広告が全部なくなったら、Youtuberは全員こうなります。

HIKAKIN
HIKAKIN
この動画を再生したお一人ひとりが300円を寄付してくだされば、HIKAKIN TVは発展し続けることができます。
はじめしゃちょー
はじめしゃちょー
はじめしゃちょーは平均1,500円の寄付によって支えられていますが、寄付をしてくださるのは全体の0%にすぎません。
ヒカル
ヒカル
金くれへん?

こんなYoutuber、誰がみたいんですか?有名人じゃなくて、ただの銭ゲバじゃねーか!

広告事業をなめるな

そしてWIkipediaさん、広告事業をばかにしすぎじゃないですかねぇ。

確かに悪どい商品やエロ広告なんかは良くないでしょう。実際それらのせいで、ネット広告のイメージは下がってるのかもしれません。

だけどね、ならWikipedia側で選んだ広告を貼ればいいだけでは?

記事の邪魔にならない広告なんて、いくらでもあるでしょ。全ての広告を悪と決めつけてる時点で、運営の頭の悪さが露呈してるんですよねぇ。

どんな広告を貼るかぐらいは選ぶことができるし、国ごとに分けることも可能なはずですよ。最近の広告事業を勉強しなさすぎでは?

まとめ 

まあ我々としてもね、Wikipediaは便利だと思ってますよ。これからもなくなってほしくないですよ。

なので、Wikipedia運営に私から送るメッセージはこれだけです。

Wikipedia広告つけろ

もちろん金は送らないし、これからも悲痛な叫びは無視し続けるけどよろしくなぁ!

雑記

Posted by trs0125