酔いに弱い男がOculus Questを購入!使い心地を徹底解説!

2019年11月6日

来ましたね!oculus quest!

と言ってもきたのは今年の5月ですが^^;

少し遅れましたが、私も買いました。Oculus Quest!

大体のVRゴーグルはPCと組み合わせることが必須なのですが、Oculus Goは単体でVRが楽しめることで有名になりました。

そして新発売のOculus QuestはOculus Goの強化版です。

Oculus Goより最新のVR体験を重視して作られているので、価格は倍近くになっています。

楽しみですね、早速使ってみましょう!

開封!

思ったより大きいですね。目の部分はクッションになっていて、目に押し付けても痛くならないようにできています。もちろんゴムは頭の大きさに応じて調整できます。

本体の充電とコントローラーの充電が分かれてるのが地味に面倒です。

  • 本体:USB充電式
  • コントローラー:単三乾電池

となっているので、電池がない場合は買う必要があります。(最初は付属でついてます)

それにしてもコントローラーのこの独特な形は何なんでしょうね…

oculusアプリをインストール!

oculusを使うにはアプリをインストールする必要があります。登録して本体とペアリングするだけなので、チャチャっと済ませましょう!

感想

未知の体験

私は今までVRというもの自体を経験した事が無かったので、完全に新しい体験でした!

普通の動画とかゲームに比べてポリゴンが粗いイメージでしたが、全然そんな事ないですね。最初のチュートリアルだけでめっちゃ楽しめました。

360°VR世界なので、ヘッドフォンを付けると現実世界から完全に離れることができます。たった6万でこの体験ができる世界に生まれてよかったです。

意外と酔わない

私は相当乗り物酔いしやすいタイプなんですが、普通にゲームやったり少しVR動画見るくらいならなら全然酔いませんでした。

ただ動画でもゲームでも、めちゃくちゃ動くものは速攻酔いました。

酔っても一人で家の中なので、すぐ辞められるのは良いですね。

操作性は良い

oculus questは2つのコントローラーを両手で に持って遊ぶんですが、思った以上に操作性が良いですw

最初はボタンが多かったので面倒くさそうだなーと思いましたが、少し慣れればVRハンドとして自然に使いこなせます。ボタンの配置が直感的に使える仕様になってるんですよね。

自分のハンドやコントローラーはVR世界に出てくるので、コントローラーが見えなくて困ることもありません。

動画は基本無料だが、ゲームが高い

動画はYoutube VRを使えば色々な動画が無料でみれます。中には「これが無料!?」と思ってしまう高品質なものもあるので要チェックです。

一方でゲームは大体有料です。しかも結構高い!平均2000〜3000円くらいですかね。スマホアプリとは違って、手軽に買えるものではありません。

Oculus Quest自体もそこそこ高いので、かなり金持ち商売ですね…

頭が重くて痛くなる

最初はそんなに気になりませんでしたが、付けて20分くらい遊んでると頭が重くて痛くなってきます。

私はヘッドフォンを付けながら遊ぶので、余計重いのかもしれません。バッテリーは2時間まで持ちますが、正直2時間連続では遊べないですね。

がっつりVRで遊ぶというよりは、ちょこっとVRの世界で遊んでみたい人向けですね。

まとめ

いやーすごいですね、最近のVR技術は。6万は結構な出費ですが、家でいつでもVR体験が出来るのは最高です。

Oculus Questではゲームもできますが、動画を見るだけでも6万の価値は十分にあります。最初のチュートリアルが面白すぎるので絶対ゲームをやりたくなってしまうと思いますがw

これからVR技術が発展して生活にとって必要不可欠になるかもしれないので、時代に取り残されないようにしたいですね。

PC無しでVRを楽しめるのがOculusシリーズしかない現状、VRのデファクトスタンダードはしばらくOculus Questになりそうなので、少しでも興味のある方は早めに買ってみることをおすすめします。

あ、ヘッドフォンはSONYのノイズキャンセリングヘッドフォンがオススメです。

それではVR世界でまたお会いしましょう、では!