「ストレスを操るメンタル術」がマジで効果的!ストレスを減らしたい人は絶対に読んでみるべき

2020年1月11日

人間として生まれたからには向き合わなければいけないもの、それがストレス!

今や日本はストレス社会とも呼ばれています。

僕は東京で社会人として暮らしていますが、満員電車、終わらない仕事、民度の低さに毎日ストレス三昧です😥

おそらくストレスが全くないというような人は存在しないと思います。ストレスといかにうまく付き合っていくかは今や人類の課題といっていいでしょう。

そんなこんなで探していたら出会ったのがこの本、「ストレスを操るメンタル術」です。

ストレスを溜めない秘訣としてよく言われるのは、思いやりの心を持つとか小さなことはイライラせずに流すみたいなどうやって実践するねん!みたいなことばかりですが、この本には誰でも簡単に実践できて非常に効果のある方法が色々と載ってました。

ぶっちゃけ値段異常すぎる価値があると思います。

というわけで紹介します!

はじめに

そもそも表紙に載ってるこの怪しい男誰やねん^^;

実はメンタリストDaigoというこの男、2019年7月時点でフォロワー37万人越え、年商6億円を誇る非常に有名な人物です。時々間違えられるけど「ウィッシュ!」とは関係ないよ

ニコ生やYoutube、ブログなどで活動していますが、時には本を書いたりテレビに出たり企業のコンサルティングと、まさに引っ張りだこ!

なぜここまで人気なのかというと、本をたくさん読むことで膨大な知識を持っているからです。

本人が「知識を売ってお金を稼いでいる」と言ってるくらいなので、相当ですね…

本編の内容

ここでは本に書いてある内容のうち特に響いた章を3つ厳選して紹介します。全体の3割くらいしか紹介できなさそうですが…

1章:ストレスの軽減

ストレスの軽減方法としてメインで紹介されているものを3つ取り上げてみました。

  • 本を読む
  • 自然と親しむ
  • エクスプレッシブ・ライティング

上二つは明らかにストレスが軽減しそうですね。ではエクスプレッシブ・ライティングとは何でしょうか?

これは1日で出会ったストレスを、ひたすら紙に書き出すというものです。

やり方やコツなどは本に色々書いてありますが、これが効果的過ぎる!

ネットで調べるだけでも色々分かるので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。もっと知りたいと思ったら、ぜひこの本を読んでみてください。

2章:ストレスを味方にする

この本によると、どうやらストレスは全て敵というわけでもないようです。

なぜなら人は、完全にストレスの無い生活には価値を見出せないからです。

ただイライラしてるだけでは悪影響しか無いので、ストレスからポジティブな感情を引き出すことが重要です。

下記を意識するとこれができるようになるらしいです。

  • ストレスを声に出す
  • ストレスによる体の変化を意識する

まず一つ目です。これは自分の感情をありのまま吐き出すというものです。

ただし暴言を直接浴びせたり怒鳴ったりするわけではなく、「今ストレスを感じてるな〜」とか「やばい、ドキドキしてきた!」のように論理的に吐き出すことが重要です。

続いて二つ目です。ストレスを感じると体が戦闘態勢に入ったり心臓が早く動いたりと体に変化が起きます。この変化に意識を向けようということです。

「交感神経が活発になってきた、心臓が身体中にエネルギーを送っているな」

「体にスイッチが入ってきましたねぇ!」

このように体の変化から、ポジティブな感情を引き出すのがゴールです。

まず一つ目です。これは自分の感情をありのまま吐き出すというものです。

ただし暴言を直接浴びせたり怒鳴ったりするわけではなく、「今ストレスを感じてるな〜」とか「やばい、ドキドキしてきた!」のように論理的に吐き出すことが重要です。

続いて二つ目です。ストレスを感じると体が戦闘態勢に入ったり心臓が早く動いたりと体に変化が起きます。この変化に意識を向けようということです。

「交感神経が活発になってきた、心臓が身体中にエネルギーを送っているな」

「体にスイッチが入ってきましたねぇ!」

このように体の変化から、ポジティブな感情を引き出すのがゴールです。

3章:内向的な性格を生かす

内向的な性格の人!いますか!?僕ですよ!

一般的には短所であり改善すべき性格と思われることが多いですが、この本では外交的な人と同じかそれ以上に長所である、ということが書かれています。

具体的には内向的な人の得意分野は、以下のことらしいです。

  • 考えても答えが出るわけでは無い問題
  • 間違えた経験から学ぶ
  • 長期的な活動(投資など)
  • 新しいアイデアを考える

言われてみれば確かに、って感じですね。

小学生の頃はスポーツも運動も優秀な子が出てくるけど、高校生くらいになるとガリ勉の方が勉強できるようになるというのも、これを裏付ける証拠になっています。

さらに内向的な人は、能力を活かせる環境が限られているようです。

例えばカフェでの勉強や大人数でのMTGは、内向的な人が能力を発揮する場所としてふさわしく無いです。

自分の特性をうまく知ることで最大限能力を活かせるってことですね!

他には…

全体の10%くらいしか紹介できませんでしたが、他にはこんなことが書かれてました。

  • 失敗や挫折を武器にする
  • メンタル強化のための基本メソッド
  • 記録する
  • コア・パーソナルプロジェクトを身につける
  • 瞑想でメンタル強化

今回のお話で少しでも興味を持った方には絶対に刺さる本です、ぜひ読んでみてください!

まとめ

ストレスが多すぎて困っていたので読んでみた本ですが、予想以上に良著でした。

メンタリストなんて怪しい肩書きは全く信用してませんでしたが、科学的な裏付けを元に紹介しているものばかりだったので、手軽かつ信頼度の高い内容が多かったです。

ちなみに僕はいくつかの方法を2週間ほど試していますが、効果が出始めてるものが出てきてます。

少なくともすぐカチンときたり、帰宅してからイライラがどうしようもないことは無くなりました。

ここで紹介した以外にもストレスを味方にするための方法が色々と載っていますが、効果が出なければすぐ辞めても良い話なので、少しでも困ってる人は試す価値ありです!

もしかしたら数千円で人生を変える経験が出来るかも!?

以上!


書評

Posted by trs0125