Prime ReadingとKindle Unlimitedの違いとは?

2019年5月26日

KindleにはPrime ReadingKindle Unlimitedという二つの本読み放題サービスがあります。

以前Kindle Unlimitedは単体で紹介しましたが、Prime Readngを紹介してなかったので、合わせてご紹介します!

仕様上の違い

値段

Prime Readingはプライム会員になれば使えるので月額400円です。プライム会員はそれ以外にも色々お得なので入っている人は多いでしょう。

Kindle Unlimitedはそれ専用に月額980円払う必要があります。プライム会員の2倍以上なので、入会は慎重に検討しましょう…

1ヶ月は無料で使えるので、試しに使ってみるのもありです。

本の量

まず単純に、登録されている本のボリュームが違います。Prime Readingは現時点で985冊です。プライム会員のおまけなので、質も量も過度な期待は禁物です。

下記URLの検索結果件数が現在Prime Readingに登録されている冊数になります。

Prime Readingの冊数確認 

全冊読むのはほぼ無理ですが、読みたい本だけに絞るとかなり少なくなるかもしれません。

対するKindle Unlimitedは、何と120,000です。さっすが払ってるだけありますねぇ!

使ってみた感想

本の質はどっちもどっち

登録されてる本の質は、正直どっちも変わらないくらいかなって感じでした。

少なくとも、どちらも人気の本はあんまり登録されてないなぁ〜って感じがしました。

あくまで読み放題ですからね…。スイパラで食べるケーキと似たようなもんです。

逆にPrime Readingでも探せば面白い本は十分あるってことになります。

何回も読むならPrime Reading!

Kindle UnlimitedもPrime Readingも入会中しか読めませんが、プライム会員に入ってさえいれば良いPrime readingと違って、Kindle Unlimitedはずっと入っているかわかりません。

本が好きすぎる本の虫なら良いですが、たくさん本読みたいな〜って思ってるくらいの人は途中で退会する可能性が高いです。

そうなるとその中の本は読めなくなってしまうので、結局気に入って何回も読みたい本は買わないといけなくなります。

もちろんPrime Readingでも、お気に入りの本が対象から外れたら読めなくなりますが…。

結論

両者の一番の違いは本の量ですね。

最近人気の漫画や小説などは無さそうでしたが、120,000冊もあればどんな本が眠っているのか探しがいがあります。

読みたい本が限定されてないけど、とにかくなんか読みたい!Prime Readingだけじゃ足りん!って方にはいいかもしれません。

とはいえ月額がそこそこ高いので、Kindle Unlimitedをずっと入会したままにしてると危険です。

まずはPrime Readingで人気のある本をいくつか読んだり、面白そうな本を探したりと、色々試してから判断するのがいいと思います。

以上!