ブログに入れてるプラグインを公開!【随時更新】

2019年9月18日

当ブログに入っているプラグインを整理します!(自分にとっての記録用でもあります)

Ad Inserter

任意の位置に広告を挿入できるプラグインです

自分で記事に組み込むとなるとPHP改修するか、記事の中に広告コード貼り付けるみたいな面倒なことをしないといけませんが、Ad Inserterで設定しておくことで、自動で記事ページの任意の位置に広告を挿入することができます。

Add Quicktag

これはcssを使える人にとってはかなり便利です!クイックタグに設定しておいたタグは、記事のページでクラシックを使うと、ワンクリックで挿入できるようになります。当記事の太字だったり色付きの文字、ボックスなんかは、これで楽に挿入できるようにしてあります。

CSSはLuxeritasの子テーマ編集で入れてますが、style属性でHTMLに直書きで組み込むこともできます。

Akismet Anti-Spam’アンチスパム

デフォルトで入ってるプラグインですね。スパムコメントを自動で排除してくれるようです。

とりあえずオンにしてありましたが、正直今までどんな効果なのかわかっていませんでした^^;

All In One SEO Pack

sem対策に必要な最低限の対策を自動で上手いことやってくれます。具体的には、以下3つの設定を自動でしてくれます。

  • SEO のメタ要素の設定
  • ソーシャルメディアの拡散効果を上げる OGP の設定
  • クローラーの巡回を促す XML Sitemap の設定

初心者はとりあえず入れておいて損が無いプラグインの一つです、

Category Order Taxonomy Terms Order

WordPressの管理画面かドラッグ&ドロップでカテゴリーの順番を入れ替えることができるようになります。

これが無いとカテゴリ作った順になってしまい、入れ替えるのが難しいので、個人的には必須プラグイン級ですね。

Contact Form 7

お問い合わせフォームを簡単に作ることができるプラグインです。

お問い合わせフォームくらい自分で作るぜ!って方にはいらないかもしれませんが、1から作ると普通に面倒くさいですし、自動生成できるなら使うに越した事はないです。

セキュリティ対策とかもプラグインでやってくれますからね。

Responsive Menu

スマホで右に出てくるメニューをレスポンシブメニューと言います。そしてこれを簡単に作れるのがこのプラグインです。

自前で作るとなるとけっこう難易度高いので、これも必須級でしょう。

Rinker

アドセンスの広告を簡単に貼ることができるようになります。

記事の中に毎回コード入れてもいいんですが、これ一つの設定で全ての記事に広告が組み込めるので、アドセンスやりたい人は絶対に入れたほうがいいです。

SiteGuard WP Plugin

webサイトとなると、スーパーハカーからの不正アクセスがやはり怖いです。

特にWordpressは、どのサイトも構造的には一緒なので、残念ながら不正アクセスされやすいサイトです。どのサイトもログイン画面へのURLが一緒ですからね…

このプラグインは、そんな管理画面・ログイン画面への不正アクセスを防ぐことができます。

SlimStat Analytics

PV数や訪問ユーザー数など、簡単なアクセス解析ができます。Google Analyticsを使えば似たようなことができますが、Word Press上から見ることができないので、必須プラグインです。

何日の何時何分にどの記事が閲覧されたかなども見ることができるので、暇なときに眺めるだけでも楽しいです。

Tables of Contents Plus

このプラグインでは記事の目次を自動で生成できます。h1からh6まで自動でよしなにやってくれます。

この記事にも上に表示されているでしょう。いろんなブログでよく見るアレです。トップに表示されてるあの目次、実は自動なんです!

reCAPTCHA

ContactFom7を使っていると、スパムメールが送られてくることが多いです。

意味不明なメールが送られてくると、うんざりしますよねぇ…

そんなスパムを防ぐのがreCAPTCHA!

これはお問い合わせするとき、よく見る下記のクッションを挟むことで自動メールは送れなくすることが出来ます。